いばらきデジタルコンテンツ・ソフトウェア大賞2015
<アプリ部門>ハッカソン 本文へジャンプ

1. ハッカソンの開催


ハッカソンとは

2014年開催のハッカソンイメージ

ハッカソンとは、ハック(hack)とマラソン(Marathon) を合わせた造語で、参加者が作成したいアプリごとにグループに分かれ、 アプリのデザインやプログラミング等の作業を行う、アプリ開発のためのワークショップです。 2日間の作業の最後に、アプリのねらいの説明や動作のデモをグループごとに行います。
アプリの企画やデザイン、プログラミング等ができる参加者が一つの場に集い、共同作業を行うことにより、アプリのアイデアを具体的な形にします。
また、当日は技術相談員(メンター)もおりますので、プログラミングはあまり得意ではないが、グループ作業を通してアプリ開発を体験したい、 といった方の参加も歓迎します。

開催日時

2日間の開催日程になります。
平成27年8月8日土曜日 10:00 から 17:00
平成27年8月9日日曜日 10:00 から 17:00

場所

つくば国際会議場 201会議室
茨城県つくば市竹園2丁目20番3号 (つくば国際会議場アクセス案内)

テーマ

2014年開催のハッカソンイメージ

「茨城の魅力を発信するアプリ」
脚注記号 山や海などの豊かな自然や美味しい食べ物、歴史を感じさせる文化施設など、茨城県の様々な魅力を 広く紹介し、発信するアプリとそのアイデアを考えていただきます。
地図を使ったアプリやゲーム的に茨城を紹介するアプリなど、ユニークな発想をお待ちしています。

脚注記号 本テーマは、いばらきデジタルコンテンツ・ソフトウェア大賞2015<アプリ部門>と共通のものになります。 たとえば、アイデアソンで創発したアイデアを、後日開催のハッカソンで具体化し、さらにそれを磨き上げてコンテストへ応募いただくことも可能です。
アイデアソンだけ、ハッカソンだけの参加も歓迎です。

優秀作品の選定について

ハッカソンの最後に、会場において参加者全員で優秀作品の選定を行い、選ばれたグループに記念品を贈呈します。

情報交換コーナーについて

ハッカソンでは、参加者の情報交換コーナーを用意します。参加者は、それぞれが開発中のアプリや製品、検討中の資料などを会場に持ち込み、 空き時間等に参加者同士で情報交換を行うことができます。会議用の机を数台用意しますので、自由にお使いください。
ただし、参加者が持ち込んだものは参加者が責任を持って管理・撤去を行ってください。

2. 参加資格


個人・グループ・団体どなたでも参加できます。
また、茨城県内外、年齢、職業等は問いません。

脚注記号 今回のハッカソンでは、共同でアイデアやアプリを形にしていくことを主眼としています。 技術のある方は他の参加者を助けていただいたり、初心者の方は自分なりの持てる力やアイデアで役割を果たしていただきます。 ハッカソンに興味はあるが、敷居が高そうでこれまで参加したことがないという方も、この機会にぜひご参加ください。

脚注記号 パソコンおよび実機は各自持参ください。電源およびインターネット環境は主催者側で準備する予定です。

3. 参加費


無料

4. 参加申し込み


下記、応募フォームにメールアドレスを入力のうえ、「申し込む」ボタンを押してください。

また、「Facebook」、「Twitter」、「GitHub」、「Linkedln」のアカウントをお持ちの方は、 メールアドレス入力欄下のアイコンから、簡単にお申込み頂けます。

いばらきデジタルコンテンツ・ソフトウェア大賞2015<アプリ部門>ハッカソン


5. 主催団体


茨城県
茨城県高度情報化推進協議会
一般社団法人茨城県情報サービス産業協会

6. 協力団体


Code for Ibaraki

7. 後援団体


一般社団法人コード・フォー・ジャパン


 お問合せ先

 茨城県高度情報化推進協議会事務局
 〒310-8555 茨城県水戸市笠原町978 番6 茨城県企画部情報政策課内
 電話:029-222-4517 / ファクシミリ:029-222-4518
 E-mail:contest@it-ibaraki.jp / ホームページ:http://www.it-ibaraki.jp/